経営者の話を聞いても自己啓発本を読んでも9割の人が成功しない理由とその解決方法

突然ですが

あなたは企業の経営者のお話を直接聞いたり何かの記事で見たことはありますか?

もしくは大企業の経営者が書いた本や俗にいう自己啓発本を読んだことがありますか?

僕はそういう本が好きでよく読みます。

最近だとホリエモンの「ゼロ」とか「多動力」だったり学生時代だと京セラの創業者の稲盛和夫さんの本とか読んでました。

 

大学三年生のときは就活中に大企業の社長の講演会をきいたり

企業の幹部の方の話を聞くこともありました。

 

本を書いている方たちも講演会をしている人たちも俗に言う成功者(ここでは成功の定義は雰囲気で感じとってください)の方々で

本を読んだり講演会で話を聞くことで色んな話や考え方を知ることができます。

 

ただ。

 

いくら経営者の話を聞いても著名人の本を読んでも多くの人、それらを見た人の9割は

そのあと成功していません。あなたも経験あるんじゃないですかね?

そう。

経営者の方の話を聞いても・本を読んでも自分の臨む成功を得ることはできないんですよ。

これを読んでいるあなたも経験があるんじゃないでしょうか??

少なくとも昔の僕はそんな感じでした。

 

じゃあなぜこういうことが起きてしまうのか。

そこで今回は講演会やセミナーの自己啓発本の問題点とその解決方法について説明していこうと思います。

今まであなたがなんで本を読んでも講演会に行っても自分の思うような結果がでなかったのかが

今日はっきりわかります。

自己啓発本を読んでも成功しない理由とその解決方法

この問題はおおきく分けて2つあります。

1つはあなた以外の問題・

2つ目はあなた自身の問題なんですね。

それでは早速1つずつ説明していきます。

スポンサーリンク

 自己啓発本を読んでも成功しない理由 1

自己啓発本を読んでも成功しない理由を解明するにはまずはこれを考えてみること!

本・講演会がそもそも誰に向けて作られたものなのか!を考える

 

大事なのでもう一度いいます。(あなたにも声に出してももらいたいですね。)

本・講演会がそもそも誰に向けて作られたものなのか!を考えるです!

 

 

失敗とか成功(その定義は今回はあなたにおまかせします)を考える時に

「そういうのは講演会を聞く人とか本を読む人の意識の問題だ!全て受けて側が悪い!」

って言うことも可能なんですが実はそうでもないんですよ。

 

ちょっと考えてみてほしい

というのもあなたに一度考えて欲しいのです。

あなたが本を出版する側だったらと仮定します。

そのときあなただったらどういう本を出版しますか?次の2つから選択してください

 

 

  1. 万人がある程度興味がでそうで多くの人に読まれる本
  2. とにかく特定の人だけに伝われば良くて本当に一部のニッチな人の目に止まればいい本

 

 

あなたが企業の一員として本を出す側・出版社側だったらどちらを売りたいですか?

利益を求めるのは企業であれば当然であるので大きな利益を出すために最善を尽くします。

そうなれば1,2どっちの本を出しますか??

 

あなたも既に思いついていると思いますが普通は1をやります。

 

極端かもしれないですが

1、20代が稼ぐための〇〇つの方法。

って言うのと

2、静岡に住む25歳で週5、毎日10時間労働の工場勤務のあなたが稼ぐための〇〇つの方法

 

どっちの本買いますか???ってことです。

普通の20代の人だったら1を買いますよね?

でも静岡に住む25歳で工場勤務の人だったら2を買うはずです。

 

まあでも普通に考えて売上的に売れるのは1ですよね。

20代全体をターゲットにしたタイトルになってますからね。

 

より特定の個人の役に立つのは?

ただ!

どっちのほうが購入者に取って具体的なことが書かれていると思いますか??

 

 

100人いて100人に理解できるようにアドバイスされたもの

目の前の相手の状況に合わせてその人専用・その人にカスタマイズされたアドバイスだったら

間違いなく後者の方がその人にとってはいいですよね。

 

 

まあざっくりいうと

本ってある程度、万人に受けるように

抽象的に書かれているんですよね。

 

逆に言うと内容が絞られたものになると万人には受けないじゃないですか?

でもその代わり一部の人にはすごいわかりやすい内容になっているものってその人にとっては役に立ちます。

だって、静岡に住む25歳で週5、毎日10時間労働の工場勤務の人だけ

向けて書いたほうが間違いなく具体的なアドバイスはできますよね!

 

つまり・・・

抽象的なものだから多くの人にとってわかっているようで

しっかりと個人個人が自分のこととして落とし込めていないってことです。

 

言い方を変えると万人向けに書かれたもの理解できると思っても

自分に当てはめて考える事ができないないってことですね。

これが1つ目の理由です。

自己啓発本を読んでも成功しない理由2

2つ目は1とつながっているんですが先に結論を言ってしまうと

本を読んだ後に多くの人が具体的な行動ベースに落とし込まないことが二つ目の理由です。

 

「〇〇さんの本めっちゃためになったわ〜!やるぞ〜!!!」

多くの人はこうなります。

それでこのようになった人の多くは数日数週間経つと

だりぃ〜

めんどくせ〜

 

もしくは

・本当にこのままでいいのだろか

・〇〇さんは〜〜って言ってたけど本当にそうなのだろうか。

みたいに

読んだことをすぐに忘れるから

もしくはまたしょうもないよくわからないことで悩む。

こんな風になります。

 

 

ちなみにこのしょうもないことって当の本人からしたら自分からしたら

すっごい大きなこと・大きな悩みって思うところがまた面倒で。

 

 

なんでそうなってしまうのかというと・・・・

本・講演会を聞いて一時的なテンションは上がるけどその後は結局

本を読む前・話を聞く前に元の状態に戻ってしまうからです。

↑イメージ図

元に戻ってしまう理由はシンプル。

具体的に何をしたらいいかを決めず勢いで頑張ろうとするから。

 

ぶっちゃけこれだけですね。

本当にこれだけです。

 

本とか読んだり・講演は聞く事でその著者や話し手の考え方に(一瞬)近づいていきます。

そのあとにその成功者に近づいた思考で行動をしないのです。

というかできないのですね。

 

なぜかってさっき1で言ったように本や講演は

万人のために作られているからですね。そう。

あなた1人に直接言われているわけじゃないんです。

 

だから具体的な行動にするには自分で考えるしかないってことです。

これを殆どの人ができない・やらないから何も変わらないってことです。

 

「とりあえず頑張ろう!」

「今までネガティブだったけど今日から前を向いて頑張ろう!」

↑極端かもだけど

 

こんな風に一時的な気持ちで頑張ろうとします。

気持ちで頑張って成果がでていたら既に成果とか結果なんてでてるわ!って話です。

自己啓発本でインプットしたことを自分の成功につなげるためには

ここまでをまとめると「経営者の話を聞いても自己啓発本を読んでも成功しない理由」は

 

  1. そもそも話自体の抽象度が高い(あなたに1人に向けられたアドバイスではないから当然といえば当然)から行動に落とし込めない。
  2. テンション・一時的に上がった気持ちで頑張ろうとする。

 

これがあなたが成功できない原因です。

でも問題がわかったら解決方法は自ずと見えてきます。

で、ぶっちゃけた話成功しない人の致命的な点は

「具体的な次のアクションを考えない」

「本に書いてあることを全てやろうとする」

 

これだけです。

逆に言うと

「本から学んだことを1つに絞って具体的な行動に落とし込んで取り組む」

 

これをやればいいんです。それではその言葉の意味を2つに分けて説明していきますね!

何をしたらいいのかわかるまで具体的な行動に落とし込むこと

例えば自己啓発本でこのようなことが書いてあったとします。

”自己投資が大事だ

自己投資とは自分の時間・お金・エネルギーを投資すること。

自己投資できないやつはダメだ”

仮にこのように書いてあったとして

あなたが「確かにその通りだな。自己投資しよう!」と思ったとします。

で、ここまではみんな考える人は比較的多いです。

 

ただ!!

 

このあとのことをほとんどの人が考えません。

「何に」「どれくらい」「いつまでに」に自己投資をするのか決めません。

 

「自己投資が大事ってことがわかっただけでもオッケイ!」

って人は行動すらしないので当然何も変わりません。

 

「ってもまだ何に自己投資するか決めれないし。、、、」

正直僕自身その気持ちを理解できるのであまり強く言えませんが・・・

 

であれば!

「①何」に自己投資するのかを「②いつまでに」決めるために「③どんな行動」をするのかすぐに決めるべきですね!

少しわかりにくと思うので例で説明すると

 

例えば

  • 明日が休みだから明日の23時まで(②いつまでに)にネットで資格情報を調べて何に(①)自己投資するかを決める(③どんな行動)
  • 今週は忙しいから来週の土曜日の午前中(②いつまでに)に本屋に行ってみる。(③どんな行動)その2日以内に(②いつまでに)自己投資先として「何」をするか・何に自己投資するのか決める(③どんな行動)

 

じゃあそれぞれの決めた日に決めたことをするために手帳に日程を書き込む

 

ってやれば今すぐ次に行うアクションに繋がるわけです。

この今すぐのアクションってのがすごい大事です!

結局いくら素晴らしい考えを取り入れても行動しない一番の理由って「今すぐ」にやる行動になっていないからです。

 

だから「その時がきたら」とか「本屋寄った時に本買えば」とかになって後回し後回しになってしまうんです!

 

少しわかりくかったかもしれませんが、ここの話の大事なのは

今すぐにできること行動まで落とし込むことです!

(さっきの例でいえば手帳に書き込むことまでですね!)

多くのことをやりすぎないで1つのことをやる

これはみんな無意識のうちにやってしまう失敗です。

経営者さんも自己啓発本を書いている著者も僕らにとって有益なことを沢山教えてくれます。

 

それで講演会や本に感化されると僕らは「よし!〇〇さんみたいになるぞ!」と意気込んで

その〇〇さんが言っていたこと・書いていたことを全てやろうとします。

それはやめましょう!

 

なんでかって?

理由は至ってシンプルでその経営者の方も自己啓発本の著者の方も話したこと・書いてあることを

全て一気に身につけたわけではないですし、彼らもすべてのことに同時並行で気づいたわけでないからです。

自己啓発本で言えば

  • 自己投資は沢山しよう
  • 他人のことを考えれる人が成功します
  • 今いる環境を変えましょう
  • 無駄な友達との縁はきりましょう。

多くの自己啓発本がこれに似たことを言っています。

ってなったときに

”よし!

じゃあ俺は今から自己投資しまくって

他人のこと考えるようにして今いる環境を変えてとにかく無駄だと思う友達との縁はきろう!”

 

ってできないし、しないですよね?

そんな一気に沢山できるわけないんです。

 

スポーツだって勉強だって何をするにしてもそれまで意識したことないこと意識するときって大きなエネルギーを使いますよね。

それを1つだけじゃなくいくつもやろうとしてもそれは無理です。

やるなら1つ確実にできるようになったら、次という風にやることが大切です。

まとめ

今回は講演会を聞いても自己啓発本を読んでも9割の人が成功できない理由とその解決方法について

説明しましたがなんとなくでもわかりましかね??

 

成功できない理由としては

  1. そもそも講演会や本の話自体の抽象度が高い(あなたに1人に向けられたアドバイスではないから当然といえば当然)から行動に落とし込めない。
  2. テンション・一時的に上がった気持ちで頑張ろうとする。

 

それらを解決するために

「本から学んだことを1つに絞って具体的な行動に落とし込んで取り組む」

特に今すぐできる行動にまで落とし込むこと。

でしたね!

 

まあ言葉で言うのは簡単ですがやるのは難しいですよ!笑

 

後はこれを知って行動するのか聞いて終わるのかはあなた次第です!

 

それではまた!

P.S.

LINE@始めました!

  • ビジネス初心者向けの極秘情報
  • 働くことへの僕の考え方
  • 個人でお金を稼ぐことに関する情報
  • 個別で就活・進路相談(ある人はご自由に笑)
  • オススメの本の紹介

などなどの情報を発信しております!

興味のある方はコチラのボタンから友達追加してくださいな!

 


友だち追加

スポンサーリンク



1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です