実は”就職=リスク”だった?

どうも!じんです!

突然ですが僕「リスクってなんぞや」って前々から思っていて。

というのも新卒フリーランスとして活動するのを決めて色んな人と話したり学校の友人と話をするとみんなが口を揃えて

「すごいリスクとったね〜」

って言われました。その人たちが考えていることもわからなくもないのですがふと思っちゃうんですよ。

スポンサーリンク

リスクってなんぞや

ほとんどの人が

企業に入らない=リスク

って考えているみたいです。別に否定はしないです。ただここで大切なことが一点あると思っていて。

人は自分の見えている範囲でしか物事を捉えることができない生き物だってことを認識しなきゃいけなくて。

少し話は脱線しますがこれは心理学的にはスコトーマ(心理的盲点)と呼ばれていて簡単に言うと2パターンあります。

  • 知識として知らないから見えない(気づかない)
  • 自分にとって重要じゃないから見えない(気づかない)

一つ目は例えばよくあるのは車に一切興味なかった人が友達の影響で車に興味を持ち始めて(車の知識が身について)

その時から急に町に行くと車の種類とか高級車に目が行ってしまう。みたいなこと。

二つ目は今この場でもできますが5秒くらい目を閉じます。そしてそのあと今あなたの周りにある赤いものを思い浮かべてください。その後に目を開けて周りを見ると赤いものが沢山あることに気づく。というものです。

まあスコトーマって言うと難しく聞こえるかもしれないですが結構身近にあるんですよ。あなたも経験済みなはずですよね?

それもあって本当にこう思うんですよ。

”就職=安定”って=(イコール)じゃないでしょ。

これめっちゃ思ってました。なんならみんなに言ってました。さっきのスコトーマですね。だってですよ。

  • 企業に入ってみたら自分のやりたいことができない(可能性がある)
  • 上司が自分より年齢が上ということだけで自分より上の立場にいる可能性があって必ずしも自分より能力が高いとは限らない。(「成長したい!」って考えている就活生はまじで考えるべし)
  • 上の立場になった時によくわからない部下のミスで首をきられる可能性がある
  • 就活の際に僕らが関わる人の多くが人事の人。人事の人と同じ仕事をする可能性は極めて低いのにほかの部署の人たちの仕事ぶりやリアルを知ることがなかなかできない。
  • 毎月固定の給料が決まった日に決まった額入ってくる。→逆を返すと貰える日と貰える額がほとんどわかっている。それって頑張りにくくない?

僕からしたらこういうのも立派なリスクだと思うんですよ。

自分のレベルとかスキルが上がらないことってめっちゃリスクじゃないですか?

僕が何が言いたいかってさっき挙げたものがリスクなんだぞ!ってことじゃなくて

もっと自分自身で深く考えたほうがいいってこと。

自分に見えてないものがありそうとか、わからないことがあるならそれがわかるまで徹底的に調べたほうがいい。

サラリーマンのことを「歯車」みたいな表現をする人がいるけど僕はそれは別にいいと思ってる。

実際に僕の知り合いでもブラック企業で働きたい!とか激務がいい!って言う人も沢山います。

でもそう言う人たちってある意味自分たちが「歯車」であることを受け入れているというか認識しているから問題ないんじゃないかな?(本人たちからしたら自分が成長するために会社を踏み台にしているイメージ)

そりゃスキルがない間は自分の力でやれることをやっていくしかないから。

逆に自分のことがわかっていない人が一番まずい。

自分で考えなくなることが最大のリスク

ほんとこれに限ります。仮に「就職=安定」だとしてそれを答える時

  • 親が言っているから
  • メデイアが言っているから
  • 学校で先生がそう言っているから
  • 周りが言っているから

そんな理由だったらもうまじでやばいです。それはもう不安定でしかありません。

それを言っている親はあなたと同じ就職時代を生きてきた人なのでしょうか?自分で気づいたほうがいいですよ。

何も考えていないあなたの思考が最大のリスクだということに。

さっき言った一番まずい人ってつまり自分の人生なのに自分の立ち位置や現在地、自分の能力、これから向かう先が全くわかっていない人なんですよ。それを今まで考えて来なかった人。

心理的盲点に気づかずに今の自分の見ているものだけが正しいとか、合っているとか思っちゃうのはまじで損だし愚かですわ。

そういう人に限って会社に入る前と入った後で全然違うことを言っている。なんなら会社の愚痴まで言っている。

愚痴を言うのは別にいいですよ。でもそれって自分がその会社に入る前に会社のことを深く調べたりOB訪問したりそのときの自分が全てできることをやった上での結果なのかな?

実際に行ってみたら思っていたのと違った。って友達同士での旅行とかなら別に楽しいかもしれません。ノリでなんとかなるかもしれません。

でも働くって人生においてめっちゃ重要なこと。

それを周りの意見に流されてとか対して考えないってもうやばいですよ。

就活を精一杯フル活用しよう

どうせ就活するならですよ?

就活って今は特に立派なビジネス市場なのだから(これ結構重要)

提供者(企業)に色んな意図があります。それを考えた上でインターンなり合同説明会に言ったほうがよっぽど有意義になる。

「なるほど。インターンのワークはこういう風に作るから僕らが楽しく取り組めるようになっているのか」「この企業の人は説明がうまいな。そういう教育もしてくれる企業なのか?」とか。そこは自分の考え次第でなんとでも考えれるはずです。

ただ当時の僕は全然わからなかったのでそれが分かる人に話しを聞きに行きました。

考えるのは大事だけど何もわからない奴の頭で考えてもわからないから。僕の場合はそこで色んな人会ってそこで就職とはまた違う選択をした世界の人に会うことができました。

その人に色んなお話を聞かせてもらうことで俯瞰的に、一歩下がった視点で物事(このときは就活)を見れたし、考えることができた。

そういう相手の意図とか物事の理由とか、なんなら自分の立ち位置とか現在地とかゴールを認識することがまず大切。

その上で自分がやりたいことや身につけたいことを考えたほうがよっぽど正確で自分に合ったものを選べるはず。

自分で調べて脳みそで汗をかくくらい考えて。

それをまずはやるべきことですね!

それでわからなかったらわかりそうな人に聞けばいい。先輩でもいいし自分が尊敬する人でも。

あなたが一生懸命やっていて誰も手を貸してくてないなんてことないですからね。

だからまずは自分で脳みそ使いましょう。

では!

 
P.S.

LINE@始めました!

  • ビジネス初心者向けの極秘情報
  • 働くことへの僕の考え方
  • 個人でお金を稼ぐことに関する情報
  • 個別で就活・進路相談(ある人はご自由に笑)
  • オススメの本の紹介

などなどの情報を発信しております!

興味のある方はコチラのボタンから友達追加してくださいな!

 


友だち追加

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です