好きなことで収入・お金を得れる〇〇とは?

どうも!

新卒フリーランス(文系)のじんです!

以前ニュースで文系はもういらない。大学から文系が消えるみたいなニュースが流れたり

巷で手に職をつけていないと個人でお金を稼ぐことなんてできないとか言われたりとか・・

そんなこと言ったら理系で専門的にやっているやつだけが個人で食っていけるのかって話にもなるし・・

まあ実際そんなことないんですよ。

だって文系の僕でもあることをしたことで個人で、フリーランスとして活動できていますからね。

ブログを見てくれている人の中には

「そもそもなんでお前文系で大したスキルないくせに個人でやっていけるんだよ!」

って思った方もいらっしゃるんじゃないですかね?今回は僕が学生のときにやった〇〇について大暴露しちゃいます。

スポンサーリンク

好きなことを仕事にできる情報販売とは!?

僕がネットでのビジネスを始めて最初に取り組んだものがこれでした。情報販売。他の言い方をするとコンテンツマーケティングと言われることもあります。

これは何がいいかと言うと

自分の好きなこと得意なこと、趣味などをそのまま仕事にできるんです。

あなたの好きや得意、経験を提供

これまで野球をやってきた人なら野球のことでもいいですし語学の勉強を頑張ってきた人なら英語・フランス語・ドイツ語などなんでも。

他にも料理の方法だったりランニングの上達法だったり受験勉強の方法だったり要はなんでもいいです。

あなたが好きで自然とやってしまうこと、没頭してることをあなたのコンテンツ(商品)として販売することができるのです。

ただこんなことを言うとほとんどの人が

  • 私に提供できる情報なんて・・・・
  • 確かに好きだけど俺よりできる人沢山いるし俺なんかの情報が売れるわけ・・

みたいなことを思います。

まあわからなくもないですが笑

ではここで1つの例を出します。

あなたは英語が好きです。一度海外留学に行った経験があります。英会話も日常会話程度であればできます。

これだけであなたは英語を人に教えることができる存在です。

「え?何言ってんの?そんな日常会話の英語を話せる人なんて沢山いるでしょ」

そんな風に思ったあなたは正解です。笑

確かに世の中日常会話程度の英語を話すことができる人は沢山います。

でもそれをネットで発信して誰かのために情報を提供している人はほとんどいません。

またこれは専門的な話になってしまいますが現代の消費者の心理は昔に比べて大きく変わっています。

”何”を買うかではなく”誰から”買うか

昔に比べてって言っても現代をしか知らない僕らにとっては「”何を”買うかではなく”誰から”買うか」って言われてもよくわからないかもしれません。簡単に言うと家電製品を買う時に

これ安いな〜あれ、でもメーカー聞いたことないな。それだったらこっちの東芝の製品のほうが少し高いけど安心だからこっちにしよう

とか何か食品を買う時に

中国産か・・・大丈夫かな・・

とか

〇〇さんがプロデュースした商品か!絶対いい商品だな!

とか。

実はあなたも普段から商品ではなくそれを誰が作ったのかを意識しているんです。

まあこれは豊かな国の日本だから起こったことなんですが。

でも今後これを聞くと

「私そもそもそんなに有名じゃないし・・・」

って言う人も。その通りですね。笑

あなたも既に経験済みの”〇〇さんだから”

ただ別に有名である必要はないんですね。

あなたも昔、部活動やサークルなどでいませんでしたか。別にその分野に関してすごいレベルが高いわけじゃないけどこの人から教わりたいな〜

って言う人。(好きな先輩みたいな人)

あとは好きなアーティストや芸能人などがいる人。その人が世間的に見て一番綺麗で可愛くて、ダンスが上手くて歌が上手くて。誰からも見られる美貌で・・・って人あまりいないですよね。

別にその人が綺麗だとか歌がうまいとかももちろんあるけどそれ以上に

  • その人キャラ
  • 性格
  • その人の過去の経験
  • 活動のきっかけ
  • 夢や目標

そういうところに惹かれてそのアーティストや芸能人を好きになりませんか?

その結果歌手であればその人が出した曲であれば全部買うみたいなこともありますよね。

要は「歌がいいから」よりも「その人が歌っているから」買うわけですね。

あとはあなたが誰に提供するか

話を戻します。最初の英語の例を戻すとあなたの日常会話が話せる英会話というコンテンツを販売していく際には英会話の知識はもちろん

  • あなたがなぜ英会話を始めたのか
  • どういった失敗や挫折を経験してきたのか
  • 英会話ができるとどうなるのか
  • そもそも〇〇さんの性格は

みたいなことをブログやサイトなどで書いてあげると見ている側の中で「この人好きかも」って人と「この人は俺に合わない」って人がでてきます。

これができれば成功です。好き嫌いをはっきりさせることがビジネスの第一歩です。

でこれも重要なのですが自分が誰に提供するのか。これをあとは決めればOKです。

「俺より英会話できる人なんて沢山いるし」って思った人。ただよ〜く考えてみてください。

数年前(英会話がまだ全くできない状態)のあなたが今のあなた(日常会話の英語が話せるくらい)を見たらなんと思うでしょうか?

「俺より英語できる人だな〜。すごいな〜」って思いますよね。

つまりは自分よりその分野に関して詳しくない、でもそれについて知りたい人にあなたの情報を提供すればいいんです。

例えば大手予備校

あれは勉強に関して知識がない学生が知識をもっている先生に教わるというものですよね。

高校生からしたら知識をもっている先生たちに大きな価値を感じるわけです。

でも大学生になったらもう勉強はいいや〜ってなったらその先生たちの持っている知識に価値は感じません。

なぜって高校生のときのように勉強の知識を必要としていないし、そもそも勉強に関して困ってないからです。

あとはこれは自分の記事からの引用ですが

 世の中にはパソコン教室というものがありそこでは

  • 電源のいれかた・消し方
  • ダブルクリックの方法
  • インターネットを使った検索のしかた

を教えているところがあります。それで週一1時間のレッスンで月1万をいただくことができます。

なぜか?それに来るお客さんが「ネットが大の苦手な年配の方」だからです。その人たちからすると

最初から全くわからない電源の入れ方から親切に教えてくれるのは充分に満足できるサービスだからです。

僕ら若い人たちからすると全く価値を感じないものでもサービスを受ける人によって価値の感じかたは全く違うのですね。

(関連記事:ビジネスって・・・”という人のためにビジネスについてめっちゃわかりやすく答える

つまりは自分が教えれるレベルのことを自分よりも知識がない人・これからそれについて始めようと思っているをターゲットに自分の情報を発信していけばいいのです!

(世の中基本的にこういうのがビジネスになりますね。教育事業とか教えてもらう系のもの。〘ライザップ・予備校・英会話スクール・資格の大原etc……〙要は何か情報で困っている人にそれについて教えるということ自体世の中からなくなることはないんです。)

まとめ

つまりは情報販売は

  • 自分の好きなことを発信することで収入を得れるビジネス
  • 自分の好きな分野の専門家レベルに詳しい必要はない
  • 一から何か新しく学ぶ必要がない(既に自分が好きだったり得意だったりするから)
  • ターゲットを決めてその人達にとって価値のある情報を提供すれば充分

こんな感じってことです。

ちなみに僕が始めてこれをやったときは高校生に受験勉強について教えることをやりました。

「筑波だし頭いいですからね」とか言われたりもするんですが、もし頭の良さで人に提供できるかどうかが決まったら東大・京大の人がいたら僕は何も言えないですからね。笑

だから僕らしさだったり、誰に提供するかはかなり考えました。

本当に俺なんかの情報売れるかな〜なんて思いましたが意外といけるもんです。

これができるようになったのが僕が新卒、文系でもフリーランスでやっていけるカラクリでした。

今では実際にはやっていませんが野球も高校までしっかりやっていたので小学生や中学生には教えれると思っているのでそれをやっても多少収入もなるだろうしって感覚ですね。

まあ情報販売はこんな感じです!

具体的な方法に関しては今回は触れませんでしたがまた別記事で書いていこうかなって思います。

まあ興味あったら僕に聞いてくれれば全然答えるので。笑

あなたも個人で何か稼ぎたい、副収入が欲しいと考えている人は今一度情報販売やネットの副業などについて調べてみるといいと思います!

ではまた!

P.S.

LINE@始めました!

  • ビジネス初心者向けの極秘情報
  • 働くことへの僕の考え方
  • 個人でお金を稼ぐことに関する情報
  • 個別で就活・進路相談(ある人はご自由に笑)
  • オススメの本の紹介

などなどの情報を発信しております!

興味のある方はコチラのボタンから友達追加してくださいな!

 


友だち追加

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です