ネットのビジネスで挫折してしまう人の3つの特徴

どうも!

新卒フリーランス(文系)のじんです!

自己紹介で少し僕のやっていることを紹介したのですが僕はネットのビジネスのコンサル(教える)ことも普段からやっています。

小規模ですがセミナーやったりとかもしてますね。僕のことをまだよくわからない人はよかったらこちらをどうぞ。

関連記事:そもそもお前だれだ!ってことで自己紹介します!

それで僕は今まで数十人(50人以上かな?)にネットのビジネス教えてきました。

そこでんな人がネットのビジネスでうまくいくのか。

逆にどんな人が上手くいかないのか。

それが実際に人に教えていく中でわかりました。これまじで当てはまります。

つまりもし心当たりがあったらいますぐ改善していったほうが良いかもですね。

では早速ネットのビジネスで挫折してしまう人の3つの特徴を紹介していきたいと思います。

これを押さえてあなたは挫折・失敗してしまわないようにしてくださいね笑

スポンサーリンク

1 副業だから楽にできると思い込む人

以前ネットのビジネスの王道3種類を紹介しました。

関連記事:ネット・WEBで効率よくお金を稼ぐ3つの方法

これらは正直誰でも始めることができます。特に情報販売・アフィリエイトに関しては初期費用がかからないです。(PCとネットに繋がる環境さえあればOK)

だから誰でも始めることができます。簡単に言うとかなり「敷居が低い」のです。(リアルで飲食業始めよう!とかって超大変そうじゃないですもんね。同じビジネスなのに敷居が超高そう。)

転売も最初は自分の身の回りのものを売ってみてもいいかもしれないですし上の2つと大して変わりません。

ただ。忘れてはいけないのは。これらはあくまでもビジネスです。副業は英語だとsidebusinessです。

つまりは本業をしている人であれば二つ目の「業」なのです。

つまりはsideだろうと副だろうとあなたが本業でやっている「ビジネス」と変わりないのです。

これは日本語の「副」という言葉が何か簡単なんじゃないかみたいなイメージをもたせるのが悪いとは思いますけど。

もっというと「お金を稼ぐ」ことなんです。それが楽なはずありますか?(一時的にめっちゃ頑張って後で楽になることはいくらでもあります。)

それを最初から「楽に」と考えている人は「え〜こんなことするの〜」とか「めんどくさ」とか言ってすぐにやめてしまいます。

お金を楽に稼ぐことは多くの人の希望・野望ですがそれができたらもう既にみんな金持ちになってます。

みんなが簡単に始めることができるのと、みんなが成果を出せるのは全くの別物ですしね。

だからこれから始める人はあくまでも「自分でお金を稼ぐんだ」「自分でビジネスをやるんだ」という意識はもって取り組むことが大事です。

2 知識ばかり詰め込んで実践しない人

このような人はかなりいます。始める前の人であれば「まずは調べてわかったらやります」

既にやっている人でも「〇〇やればいいのはわかるんですけどね〜」

こういう本当に上手くいきにくいですね。

例を使って考えるとわかりやすいかな。

例えばあなたがこれから野球(スポーツならなんでもいいです)を始めようとしている人に野球を教えようとするとします。

そのとき野球をこれからやる人が「僕まだ全然野球のことわからないのでとりあえず本を読みますね」って言ってきたらどうですか?

僕だったら「え?だったらまずはボール投げてみたら?バット振ってみたら?」って言います。だってそんな覚えることなんて最低限のルールの道具の名前くらいですよ。

そんなのは野球やりながら覚えればよくないですか?教える側だったら「こいつうまくならないな」って思っちゃいません?

(サッカーでもバスケでもバレーでもとりあえずボール蹴ったり投げたりシュートしたり打ったりしますよね。それを最初にキックの名前とか道具の名前とか覚えなくないですか?)

別に野球じゃなくても音楽でも絵を描くでも一緒じゃないですか?

座学は実践しながら学んでったほうができるようになるの結果的に早くないですか?(座学や本を読むことを否定しているわけじゃないです。)

そんな楽器の名称とか絵を描く時の大事なポイントなんてやりながら覚えましょう。

そもそもそんな人のレベルで失敗しようと誰も見てないしあなたが損することもないですわ。

だから「まずは本読みますね」とか「まずは調べますね」って人。

気持ちは分からなくもないんですがそれならんどん実践して失敗しながら色々と覚えていったほうがよっぽどいい。

さっきも言ったように「まずボール投げてみる子、バットを振ってみる子」と「本見て色々と知識入れる子」どっちの方が実践で活躍できる子か明白かなと。

仮に知識だけいれたところで「知っている」と「できる」は全くの別物。

知っているはインプットができた状態のこと。

ただそのインプットはアウトプットがないと「知っている」から「できる」に変わることはありません。

最初のところはとにかくわからないけどやってみる。くらいの人の方が圧倒的に結果を出すまで早いです。

3 既に成功している人に教わらない人

これはまだネットビジネスを始めていない人に多いですね。とりあえず始めようとする人です。

「正直本とか読んでもわからないからとにかくやってみよう!それでわからないとこをを本見てやろう!」っていうのは先程言ったようにかなりいい考えだと思います。

実践をベースに考えているからですね!ただですよ。考えてみてください。

アウトプットすることは素晴らしくてもそもそものインプットが間違っていたらどうですか?

バット振りまくるぜ!ボール投げまくるぜ!って意気込みとしてはいいけどそもそもフォームがダメダメだったら身にならないですよね。

僕らが実際に体験している例から考えてみましょう。

もしあなたが小学生のころ学校の先生に算数の教科書を渡されて「あとはこれ見て勝手にやってね〜」って言われたらどうですか??

足し算引き算、掛け算割り算を自分なりに解釈して練習問題解きまくってそれらが本当に身についたと思いますか?

多分僕らは足し算引き算、掛け算割り算も満足に使えない可能性があります。

教科書を読んでわかったつもりになってもそれが本当に正しいかどうかはその時点の僕らには判断することはできないからです。

だから。先生という存在がいるんです。

つまりは僕らがやっていることが合っているかどうか指摘してくれる、フィードバックしてくれる、アドバイスしてくれる人ですね。

イメージでいうと車のカーナビですね。僕らは目的地がわからないのでカーナビを使います。

そのカーナビは目的地を知っているので目的地に着くための最善の方法を教えてくれます。

教えてくれる人も同じです。学校の先生は既に足し算引き算、掛け算割り算の方法を知っています。

だから僕らが地図上で迷っているところで「〇〇くん。目的地はこっちだよ」と教えてくれるのです。

仮に地図(ここでいうと方法とか大まかなやり方とか。教科書みたいなもん)を持っていても誰かが目的地まで教えてくれなかったら僕らは地図を使いこなせないですよね。

これを考えずに教科書だけ・独学でやってしまうのは別にそれ自体をやることが目的ならいいと思います。

つまりは地図を持っているけどいつか目的地に着けばいいや〜

って人。それは自己満足でずっとやっていればいい。

ただ目的地に着くことが目標の人。

つまりはネットでしっかり収入を得ることを目的にしている人は自分にとってのカーナビを見つけましょう。

そうすれば高い可能性で成功できるしいち早く目的地に到達できるはずです。

ネットのビジネスで成功するためには・・・・

以上の3つがネットのビジネスで挫折・失敗してしまう人の特徴でした。

つまりネットのビジネスでしっかりと成功したい人は

  • ネットだろうと「ビジネス」だと認識して取り組む
  • どんどん実践する
  • 既に成功している人・上手くいっている人に教わる

この3つができればうまくいく可能性はぐっと高まります。

これからネットのビジネスに取り組む人・既にネットのビジネスに取り組んでいる人。

どちらもこれらのことを押さえて自分の求めている成果を得れるようにしたいですね!

では!
P.S.

LINE@始めました!

  • ビジネス初心者向けの極秘情報
  • 働くことへの僕の考え方
  • 個人でお金を稼ぐことに関する情報
  • 個別で就活・進路相談(ある人はご自由に笑)
  • オススメの本の紹介

などなどの情報を発信しております!

興味のある方はコチラのボタンから友達追加してくださいな!

 


友だち追加

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です