仮想通貨?暗号通貨?ビットコイン?なんじゃそりゃ?っていう初心者のための仮想通貨入門

「仮想通貨ってなんだそれ?なんか怪しいやつ?」「ビットコイン?名前だけ聞いたことあるけど・・・」

どうも!新卒フリーランス(文系)のじんです。

最近テレビやらニュースやらで話題になっている”アレ”についてあなた知ってますか?

そう。

 

冒頭で言っていた仮想通貨とビットコインとかのことです。

仮想通貨という言葉は知らなくてもビットコインという言葉自体は知っている人もいるのでは?

あなたがこれらの言葉をどれだけ知っているかわかりませんがこのビットコインやら仮想通貨。

 

実は今後の金融業界を大きく変えてしまう

なんなら僕らのお金の概念を変えてしまうと言われている知ってました?

 

しかもこれ日本の話じゃなくて世界共通の話でもあるし

この仮想通貨によって数年後・数十年後にはみんな紙幣・貨幣を持ち歩かなくなっている可能性も充分あると言われています。

 

そう。

あなたにとっても全く他人事じゃないってことです!

 

ってことで今回は仮想通貨・ビットコインについて最低限知っておくべきこと!について

解説していきます。

これは今流行っている・流行しているとかではなくて

今後あなたにとって身近になってくるので仮想通貨・ビットコインについて今のうちに知っておきましょ。

スポンサーリンク

仮想通貨とビットコインって違うの?

仮想通貨とは何について説明する前に

勘違いしている人が多いので先に言っておきます。

仮想通貨=ビットコイン

ではありません!

ビットコインとは仮想通貨の1種類にしか過ぎません。

 

イメージで言うと

電子マネー=Suicaではないのと一緒ですね。

 

Suicaは電子マネーの1つにすぎず

電子マネーには他にもwaon、PASMO、ナナコ(セブンのやつですね)があるのと同じですよね。

 

下の図をみてもらうとわかりますかね。

仮想通貨の中にビットコインがあるわけで仮想通貨=ビットコインではないってことは

まず押さえておきましょうね。

ちなみに”暗号通貨”というのは仮想通貨の正式名称みたいなやつです。

(海外だとCryptoCurrencyと呼ばれており、これを直訳すると”暗号通貨”になります。ただ日本だとメディアなどの影響もあって仮想通貨という名称が広まっただけです。)

 

だから仮想通貨=暗号通貨って覚えて問題ありません!

それで仮想通貨とかビットコインって一体何なの?

で仮想通貨ってなんなの?って思いっているあなたに仮想通貨を一言で説明すると

”仮想上の通貨”と説明できます!

「は!そのままじゃん!」

「そんなこと漢字を見れば分かるわ!」

って言われてしまいそうですが本当に仮想上の通貨なのです。

 

もっというと現金ではないデジタルな通貨と言うことができます!

デジタルな通貨、つまりアナログな現金以外の通貨ですね。

このデジタルな通貨は意外と身近に沢山あって

身近な例で言うとスマホアプリのゲーム内でのコインやマネーなどが挙げられますね!

あれって当然ながらそのゲーム内でしかコインは使えないですよね?

 

いきなりパスドラなりモンストなりのゲームの中で使っているコインやマネー(パスドラ・モンストどちらもやったことないので正しい言い方・呼び方がわかりませんが笑)が

セブンイレブンで実際に肉まんと交換できないですよね?

 

で。仮想通貨(ここではビットコインのことを指します。)の場合はその通貨が現実世界で使えるものとして現れたものってことになります!

要は「そのゲームの中で使える通貨」の”ゲーム”の部分が”現実世界”になったってイメージでいいですね。

(意味わかるかな??わからなかったらもう一回声に出してみてください!)

電子マネーと仮想通貨の違いとは?

仮想通貨がデジタルな通貨ということはわかったかと思います!

ただデジタルな通貨と言うと「電子マネー」をイメージされる方もいますが

それとも違くて。

 

何が違うのかというと単位が違います。これはどういう意味かと言うと

ビットコインとSuicaを比較したら単位が「円」なのか「bit」なのかが違うのです

 

Suicaでもナナコでも電子マネーってあくまでも「円」です。

そりゃそうですよね?

駅のホームで実際に現金を入れてそれを実物のあるカードに電子上のデータを入れるわけですから。

ただ、bitcoinを始めとした仮想通貨は「通貨」なんです。

図で表すとこんな感じ。

つまりは電子マネーはあくまでも「円」だけど

ビットコインとか他の仮想通貨はれっきとした「通貨」なんです。

だから円とかドルと同じなんですよね!

 

もう一度おさらいしておくと

電子マネーは円(つまり100円玉とか1000円札の支払の代替手段)だけど

ビットコインはそれだけで支払能力のある通貨ってことですね!

で、結局仮想通貨とかビットコインって何がすごいの?

まあここまででなんとなく仮想通貨のことはわかってくれたかと思います。

で、なんでこんなにテレビで取り上げられたり

世間が騒いでいるんだって話ですよね。特に僕らが聞くのがビットコインという言葉。

ビットコイン何がすごいの??って話を今からしていきます。

国際通貨としての役割

これは日本政府が今仮想通貨全般に力を入れている理由でもあるのですが

これまで存在しなかった「国境のない通貨」なんですね。

日本で当然使える「日本円」はアメリカに行ったら「ドル」に変えないと使い物になりません。

 

「ドル」も他国に行ったら「その国の通貨」に変えないと使えません。

でも!ビットコインなら日本だろうとアメリカだろうと中国だろうと

ビットコインで支払ができるんです。つまりはそれぞれの国の通貨に両替する必要がないんですよね。

 

これ海外に行ったことある人ならわかると思いますが相当便利です。

しかも両替の際の高額な手数料が引かれることもないですよね。

送金がめちゃ楽な上に低コストでできる

これもすごいことですが、僕らが普段遠くにいる誰かにお金を届けようと考えたら

「銀行」を介してお金を届けます。

親から仕送りをもらう時にあなたの口座にお金を送ってもらうのを考えたらわかると思います。

その際、手数料というものが発生しますよね。

 

でもビットコインであれば送金がくそ安い手数料で可能なんです。(理由は別記事で!)

これは海外にいようと日本にいようと変わりません。

 

一人ひとり専用の仮想通貨用の電子上の財布(ウォレットと呼ばれています)で簡単に取引可能でその際の手数料もごくわずか(数円程度)でできちゃうんです。

ちなみに日本だけの生活だとあまり馴染みがないかもしれませんがもし日本から海外に10万円を送ろうと思ったら手数料で約7000〜8000円ほどかかります。

でもビットコインならそれが数円程度でできるということです。

世界単位で見たらそれはすごいわ!って話ですね。

まとめ

今回は仮想通貨・ビットコインのさわりだけをお話しましたが

先程も言ったように仮想通貨・bitcoinは日本どうこうの話ではなく、世界単位で動いていく話です。

ってことはですよ?日本も世界に置いていかれるわけにはいかないので力をいれざるを得ないんです。

日本が今後仮想通貨に力を入れていく理由や今後仮想通貨が伸びていく詳しい理由については今度また別の記事で書こうと思います!

まあメディアや本でもこんな風によく取り上げられていますし今後更に注目されるのは間違いないですね。

またビットコイン・仮想通貨は投資目的として利用している人が非常に多くいます。

元々ビットコインの価値は昨年数万円でした。でも今では1bit50万円を超えました。

やばいですよね。

コインの価値が50倍になるってことは1万円入れていたら50倍の50万円になっているってことですからね。(全てが全てそんな風になるわけじゃないですよ?)

 

それは投資目的でやる人も沢山いるわけだ。

ビットコインなり仮想通貨に興味がある人は取引所だけでも開設しておくといつでお取引できるようので便利ですよ〜!

※ちなみにビットコインの買い方を超具体的な6ステップで説明した記事もあるので興味ある人は是非みてくださいね〜

関連記事:仮想通貨・ビットコイン興味あるけど買い方がわからない・・・って実は超簡単だった?

ではまた!

P.S.

LINE@始めました!

  • ビジネス初心者向けの極秘情報
  • 働くことへの僕の考え方
  • 個人でお金を稼ぐことに関する情報
  • 個別で就活・進路相談(ある人はご自由に笑)
  • オススメの本の紹介

などなどの情報を発信しております!

興味のある方はコチラのボタンから友達追加してくださいな!

 


友だち追加

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です