文系の僕が就職しないで新卒フリーランスになった4つの理由

就職しないで大丈夫なの?

新卒で会社に入らなくて大丈夫なの?

じんです!以前”新卒フリーランスって不安じゃないの?っていうクソな質問に真剣に答える”という記事を書きました。

関連記事:新卒で就職しないって不安じゃない?というクソな質問に真剣に答える

この記事では僕が世間一般に対して抱いている疑問に真正面から答えているので、もしまだ見ていない人がいたら是非見てくださいね!

それで今回の本題ですが、上の記事と同様によく聞かれることがあります。

「なんで新卒で就職しない道を選ぶの?」

耳にタコができるくらい聞かれました。

ってことで今日は僕が新卒なのに就職しないでフリーランスの道を選んだ理由を説明していきます!

就職以外の道を考えている人や同じようにフリーランスを目指している人の参考になれば幸いです!

スポンサーリンク

新卒フリーランスになった理由1 20代で独立したかった

4人姉弟の末っ子に生まれた僕は元々すごい負けず嫌いでした。それもあるし地域には同年代の人が20人くらいいて幼少期の僕はとにかく両親に褒められたかったんです。

そうなると必然と周りとは違った行動を取ることが多くなるわけで。行動だけじゃなくて勉強とかスポーツに対して頑張るのもそう。

周りのみんなと違うことで両親の注目を集めたかったんですね。(そのおかげか小・中学校時代はスポーツ・勉強ともに田舎の学校ながらトップでしたね)

そこから自然と幼心の僕は「周りの人と違うことをすると両親が見てくれるぞ」とでも思ったのか。気づいたときには周りのみんなと違うことをすることが僕の中でアイデンティティになっていました。

これは今でも僕の中で強く残っていて、良くも悪くも僕の個性です。

根本的にそんな性格だから就活をしている時みんなが就職してく中で「みんなずっと企業に属していくみたいだし俺はみんなと違う道がいいなあ・・早く独立して自分でやっていきたい!」って思ったわけです。

まあ単純にそっちのほうがかっこよくない?って思ったのも1つの理由だけど。笑

だからってわけではないですが就活中少しだけ「個人投資家」という職に惹かれました。「家にいながら仕事できそうだしなんかかっこいいな!」って思ったからです。(僕はとにかく安易です)

ただ個人投資家はとにかく苦しい世界だと色々調べるとわかりそもそも今の自分が挑戦するレベルではないと思い速攻で諦めましたね。

よくまず就職してからそのあとやればいいじゃんとか言われますがやりたいことをわざわざ先延ばしにする必要なくないですか?って僕は思っちゃいますね。しかも別にそれがなんらかの理由で不可能でないなら尚更。

新卒フリーランスになった理由2 フリーランスと就職を選べる状況になったから

これは学生とかだと意外と見落としがちで。(当然ちゃ当然ですが)流石に僕も収入源ないのにフリーランスにはなれなかったです。僕は運良くWEBのビジネスに3年生の冬から取り組んでその結果卒業する時には1人でなんとか食っていけるレベルにはなっていました。

たまに学生でいるんですよね。「起業とか個人でやっていくのもありだと思っていますよ。でもまずは会社で力つけようかなって」これすごい変なやつで僕は好きじゃない種類の人間なのですがこういう人たちは頭が本当に悪い。

だって自分の中で起業でやることと個人でやっていくこと、企業に就職することが全部自分の中で選択肢になっていると勘違いしているんですよ。

ちょっと待てと。そもそもお前起業も個人でやっていくこともまだできないだろ。それなのに何をあたかも自分はいつでも起業できるし個人で仕事やれるって思い込んででもまずは就職って・・

これは別に僕ができるから偉そうにいいたいとかそういうことでは全くないです。

だって冷静に考えるとですよ?スポーツの例になっちゃいますが野球とサッカーとバスケというスポーツの存在を知っていて「俺、野球もバスケもサッカーも知ってて自分の選択肢になってるからまあまずは野球やるわ」って言っている意味のわからないやつと一緒なわけですからね。

「知っている」と「実際にできる」は全くの別物。野球知ってるからってお前できるのかよ!って話ですよ。要は自分が選択肢と思っているものはそもそもまだ選択肢になっていないんですよね。

まあ話はずれましたが学生のうちにそこそこマネタイズができるようになった、つまりは僕の場合はフリーランスという生き方を知っている状態からできる状態になったということですね。

だから就職しようかフリーランスでやっていこうかと考えた時に選ぶことができたわけです。

逆に言うと学生のうちからお金を稼ぐスキルを身につけるってすごい重要だし、相当自分の選択肢が広がるってことですね!

新卒フリーランスになった理由3 主体的に生きたかったから

これは完全に成長面を考えてのことです。というのも今まで僕は自分なりに色んな挑戦をしてきました。

やってきた事自体は大層なことはしていませんがアルバイトに何個も挑戦したりフィリピンに語学留学行ったり、1人旅に行ったりととにかく新しいことや、興味のあることに挑戦してきました。

ただどうしても受け身というか受動的に鳴ってしまう時があります。

自分より明らかレベルが高い人がいると怯んでしまって、自分を出せないとか興味はあったけどなぜかそのときだけ周りの目を気にして挑戦できなかった。そんなことが少なからずありました。

逆に言うとどうしてそれが起きるのかってもちろん自分の気持ちの面もそうなのですが同時に挑戦しなくても生きていけちゃう状況ってことなんですね。

そう考えると僕の中で企業に入ると受け身の自分がでてきてしまうのでは。(実際のところどうかはわかりません)

でも反対にどんどん挑戦が求められるフィールドに行ったら半強制的にどんどん自分でアクションを起こさないといけなくなる!それによってどんどん成長できるのでは!そう思ったわけです。

まあぶっちゃけたところ僕もできた人ではないので僕もできれば楽したいし今までやったことないこと、抵抗のあることに挑戦したくないです。(たまに本気で「それはまじでいやだ〜」って思うことでもやってみたりします)

でもやっぱり新しいことに取り組むことで色んなものが見えてくるし今までと同じものを見ても違う捉え方ができるようにもなることがある。(と同時に「やってマジでよかった〜!!!!」ってこともよくある)

そう考えると色んなこと、これまでやったことないことにどんどん挑戦できる自分でありたい!と常に思ってます。綺麗事のように聞こえるかもですがなんだかんだ挑戦することって本当に大事です。

だってその挑戦のおかげで新卒でフリーランスできているわけですからね。

これが3つ目の理由ですね。

新卒フリーランスになった理由4 若いうちにお金を稼ぎたかったから

急に欲がすごいなって思われた方もいるかもですがこれかなり僕の中でかなり重要です。僕のお金に対しての価値観、お金を稼ぎたい理由についてはこちらに詳しく載っているのでこちらをチェックしてみてくださいね。

金!金!金!!世の中金でしょ。と僕が言う3つの理由

金!金!金!!世の中金でしょ。と僕が言う理由【その2】

お金に対する考え方は上の記事を読んでもらればわかるのですが稼ぎたいってなったらやっぱり上限のある社会人は何か物足りなく感じでしまいました。言うて新卒は手取り20万いけばいいですからね。
ステップアップとか言って年で数万、数十万しか上がらない給料のために僕は頑張れないと思っちゃったんです。
まあフリーランスはフリーランスで固定収入とかも自分で作るしかないので誰にも守ってもらえないですがその分収入の上限も決められていません。

だから挑戦しがいがありますよね。(もちろんその分下限も決められていないのは一種のリスクと考えられますけど)
手書きですいません。イメージこんな感じです。

可能性の問題ですね。実際に20代で年収数千万の方もいらっしゃいますし逆にフリーランスだけどバイト生活しなきゃいけないみたいな人もいますし。
僕はフリーランスの収入の振れ幅は大きくてそこで上のほうに行きたい。そう思ったわけです。

終わりに

以上の4つが僕がフリーランスになった理由です。まだ始まって3ヶ月くらいですがやっぱりこちらの世界を選んでよかったですね!

というか僕の座右の銘でもあるように選んだからにはこっちを選んで正解だった!と言えるようににやるだけですね!

では今回はここらへんで!

P.S.

LINE@始めました!

  • ビジネス初心者向けの極秘情報
  • 働くことへの僕の考え方
  • 個人でお金を稼ぐことに関する情報
  • 個別で就活・進路相談(ある人はご自由に笑)
  • オススメの本の紹介

などなどの情報を発信しております!

興味のある方はコチラのボタンから友達追加してくださいな!

 


友だち追加

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です