決意・決断が怖くて変われない人。もうずっとそのままでいなよ。

じんです!

新卒フリーランス(文系)として最近もお仕事頑張ってますよ!

最近もよく色んな人とお話しをする中で「今日白井さんの話を聞いてやる気がでました!」とか「自分も自分でお金を稼げるように頑張ります!」

 

人によっては「僕も今までは〇〇をする勇気がなかったですがこれから頑張ります!」と前向きな気持ちになってくれる人もいます。

 

あと僕が個人的にコンサルティングをしている人でも少し話をすると「これからやっと頑張れそうです!ありがとうございます!」みたいなことを言う子もいます。

僕の話を聞いたことで新たに決断とか決意をしてくれるのは嬉しいことです。

僕も学生時代(特に就活中)色んな方の話を聞く中で

 

「〇〇さんみたいになるぞ!」

「明日から自己分析極めるぜ!」

「明日から必ず本読むぞ!」

もっと沢山ありますが幾度となく「決意」してきました。

ただ面白いことに「じゃあ実際に取り組んだことは?」と自問自答すると「う〜ん」ってなりますね。

 

ちなみにさっきでてきて人たちとは定期的にやりとりするのですが「何か始めたのですか〜?」と聞くと

結局対して何も始めれてないとのこと。

これらの結論から僕が思うこと。

 

「決意なんて意味ないからやめよう」です!

はい。もう決意とかまじでやめましょう。意味がない。エネルギーの無駄使いだ。

スポンサーリンク

決意・決断は必要だけど重要ではない

人は決意とか決断をかなり重くみています。特に日本語では「腹を括る」みたいな非常に大きな決断をする際に用いられる言葉なども日常で使われているせいかと勝手に思ってますが・・

まあ冷静に考えてみましょう。もちろん行動に移す際には決意・決断というのは必要です。それがないとそのあとの”行動”に移らないですもんね。ただほとんどの人が”行動の伴わない決断”をします。

 

例えば中高くらいでよくあるのは「今回のテストはだめだったな・・・次こそは頑張る!」と言ってテスト返しがあった日だけ頑張るみたいな。(みんな経験あるかな?)

これは決断自体がかなり軽いものなので感情的なものでほとんど決断と言えないかもですが。

 

でも年齢があがるにつれて少しずつ人生のことを考え、一つ一つの選択を重くみるようになります(これを大きな決断と人は呼ぶ)。新しいことを始めるときは特にそう。

それを「俺が今までやったことないことだし、めっちゃ大きな決断だな。どうしよう」別にそこに頭を使うのはいいことだとは思います。新しいことを始めるときは誰しも不安だから。

 

ただプロ野球選手になりたい人が「俺は絶対にプロ野球選手になるぞ!」って決意・決断すること自体は誰でもできる。しかもその決断に至るまで5分だろうと1年だろうとそのように決断したこと事態には大した差はない。

なんなら小学生でも中学生でもできるじゃな?そう考えるとその決意・決断ってそんなに重くて自分の人生が180度変わるくらいのものなのか?

 

僕は本当に大事なのって決意・決断してから

「じゃあそれを成し遂げるために達成するために何が必要なんだ?

どんな行動をしなきゃいけないんだ?」そっちのほうがよっぽど重要だと思う。

”新卒フリーランス?大丈夫なの?”ってめっちゃ言われたけど・・・

だから僕も新卒でフリーランスとしてやっていこうって決断にももちろんエネルギーは使いましたがそれ以上に「フリーランスとしてやっていくには・・・具体的には・・・」そんな風に「そのために何をするべきか」をひたすら考えていました。

高校球児だってこれはやっています。多くの高校球児がぶっちゃけ行けるかどうかもわからない”甲子園”という高校野球の聖地を目指しています。

そのときに「いや、俺甲子園目指したことないしな・・・できるかな・・う〜ん。頑張ってみるかな。」ってなんないですよね。

「絶対に甲子園行くぞ!そのためにまだ俺にはこれとあれが足りない!それを補うための練習の〇〇をやろう!」もちろんこんなことを口で言っているわけではないですがそういうことを考えて日々に練習に取り組んでいます。

そのあとはもちろんキツイ練習、今までにないくらいの精神的な苦痛、疲労などの経験もするかもしれません。でもその結果甲子園という地に行ける可能性が広がっていきます。

理想を叶えたいなら早く決断してどんどん行動しろ

まあ要は決断よりもその後の行動の方にエネルギーを向けろってことです。

だってそれしか僕ら人間が上手くいく方法なんてないんですから。だってあなたの人生で今まで決断に1年使ってその後の行動に1ヶ月しか費やしてないけどめっちゃ上手くいったことある人いますか?そういう人が友達にいる人いますか?

僕も大学受験の時は筑波大学行くぞ!ってトータルで一週間くらいで決めてそのあとの6,7ヶ月全力で頑張ったからなんとか結果的に合格できたわけで。

これを見ているあなたもその経験があるはずだ。不安だっだけど勇気をだして決断していざやってみたら本当にやってよかった。あの時決断した自分を褒めてあげたい、みたいなこと。

よく聞くけど人はやった後悔よりやらなかった後悔のほうが圧倒的に多い。

少し話はずれるけど看護師が患者の死に際に聞く後悔のNO1は「もっと色んなことに挑戦すればよかった」

これが圧倒的に多いそうだ。そんな決断なんかで迷っていたらあなたは挑戦できない人で全く同じ後悔を死ぬ時にするかもしれない。それは嫌じゃない?

僕はいやだ。

だからこそどんどん決断してどんどん行動していくことがとにかく大事なんだよね。

では今回はここらへんで。

P.S.

LINE@始めました!

  • ビジネス初心者向けの極秘情報
  • 働くことへの僕の考え方
  • 個人でお金を稼ぐことに関する情報
  • 個別で就活・進路相談(ある人はご自由に笑)
  • オススメの本の紹介

などなどの情報を発信しております!

興味のある方はコチラのボタンから友達追加してくださいな!

 


友だち追加

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です